PPAS-logo

報告:オホーツク・紋別ピンホール写真フェスティバル2008

投稿日時 2008-9-1 8:30:00 | トピック: PPAS一般

ピンホール写真芸術学会(PPAS)事務局
合津文雄(ごうつふみお)

7月 28日(月)~ 8月 17日(日)まで、「オホーツク・紋別ピンホール写真フェスティバル2008」が北海道紋別市で開催されました。


紋別空港

東京、大阪、京都などは連日35度を越える酷暑の中、北海道紋別市は爽やかで、明るい日差しに包まれていました。
同フェスティバルは紋別市に後援いただき、宮川良一紋別市長を実行委員長とする、オホーツク・紋別ピンホール写真フェスティバル2008実行委員会による運営で開催されました。




8月7日の前夜祭、8月8日のシンポジウムと PPAS総会、8月9日の基調講演、ガイド ツアー、ワークショップには予想を越えるご参加をいただき、あわせて、紋別市立博物館、まちなか芸術館も空前の来館者を記録したとの報告を受けています。

必ずしも十分な準備ができたとは言えないのですが、二つのシンポジウムと基調講演では重いテーマに取り組み深い議論・高度な議論ができましたし、写真展は数の上でも最大、著名な作家、アマチュアを問わず質の上でも非常に高いものとなりました。参加者方々からは、シンポジウムで議論あるいは基調講演の内容によってスローライフやスローアートへの理解が深まり、また、写真展にも触発されて、今後の人生の糧となったなど、様々なご賛同と感動の声をお寄せいただいております。
また、地元新聞各紙で大きく取り上げられ、地元の紋別市でも話題になっていると聞きました。

オホーツク・紋別ピンホール写真フェスティバル2008実行委員会には、ピンホール写真芸術学会( PPAS)が主要メンバーとして参画し、地元や関東、関西などのたくさん会員が委員会スタッフとして活躍しました。
ピンホール写真芸術学会はピンホール写真芸術の認知度を上げ、会員の技術向上を高めるとともに、多くの写真芸術を志す者たちの発表の場を設けることと、同時にスローな生き方やエコロジーの心への深い理解の浸透を目指して、2007年の秋に京都で設立されました。
当学会の主な活動内容は、年 1回発行の学会誌、各地での展示会、研修会のほか、地域と積極的にコラボレーションを図り、ピンホール写真芸術を切り口としたスローライフ提唱および、環境や社会を見つめ直す時間の提供を行っています。当学会は、ピンホール写真に携わるものだけの学会ではなく、さまざまな角度から、さまざまな立場から人々が現状の暮らしを見つめ直し、継続可能な未来のための知恵を出し合い、具現化するために動くことをめざしております。
今後もピンホール写真芸術学会の活動にご注目いただければ幸いです。

写真展、イベントの開催日程は以下の通りです。

◆写真展「エリック・レナー&ナンシー・スペンサー展」(紋別市立博物館市民ギャラリー)
「エドワード・レビンソン展」(紋別市立博物館市民ホール)
開催期間 7月 28日(月)~8月 17日(日)9:30~17:00

「京都工芸繊維大学学生作品展」
「紋別ピンホールクラブ・市民作品展」
会場 まちなか芸術館多目的ホール
開催期間 8月 1日(金)~8月 15日(金)9:30~17:00


写真展会場:まちなか芸術館


エドワード・レビンソン写真展:紋別市博物館


エリック・レナ&ナンシー・スペンサー写真展:紋別市博物館


写真展会場:まちなか芸術館


写真展会場:まちなか芸術館

◆イベント
8月 7日(木)(前夜祭)
ガリンコ号上での船上パーティー 18:00開始

ガリンコ号

8月 8日(金)
◇シンポジウム・1「今、世界のピンホールは」
会場 紋別市文化会館ホール 10:00~11:45
講演 エリック・レナー&ナンシー・スペンサー(ピンホール・リソース主宰)
「小さな穴から世界へ」対談者 鈴鹿芳康(PPAS会長・京都造形芸術大学教授)
サポーター エドワード・レビンソン(PPAS会員)、林敏弘(PPAS理事)


シンポジウム・1

◇2008年度ピンホール写真芸術学会総会
会場 紋別市立博物館郷土学習室 12:00~12:45

◇シンポジウム・2「スローライフ/スローフォト」
会場 紋別市文化会館ホール 13:00~16:30
コーディネータ 渡辺信夫(PPAS副会長)
原田憲一(PPAS理事・京都造形芸術大学教授)
青田昌秋(北海道立オホーツク流氷科学センター所長)
鈴鹿芳康(PPAS会長・京都造形芸術大学教授)


シンポジウム・2

8月 9日(土)
◇基調講演
会場 紋別市文化会館ホール 10:00~12:00
講演 辻 信一(明治学院大学国際学部教授・ナマケモノ倶楽部世話人)
テーマ「スローライフとエコロジーの心」


基調講演

紋別市内ガイドツアー(兼撮影会)13:00~18:00




紋別港で廃船解体を見学

撮影会

◇市民のためのワークショップ
会場 紋別市立博物館工芸室 13:00~17:00


ピンホールカメラの実習


ピンホールカメラ実習作品

◆コンテスト
ピンホールフォトコンテスト

コンテスト応募作品

http://ppas.jp/article-42.php