PPAS-logo

ピンホール・フォト フェスティバル 2011 in 川崎

投稿日時 2011-5-27 6:00:00 | トピック: その他

震災の影響で準備が遅れておりましたがピンホール・フォト フェスティバル 2011 in 川崎を開催いたします。


ピンホール・フォト フェスティバル 2011 in 川崎
主催ピンホール写真芸術学会in 川崎実行委員会
共催 ピンホール写真芸術学会(PPAS)


ピンホール写真芸術学会 会員作品展
6/8(水) 〜 6/12(日)
会場:川崎市民ミュージアム ギャラリー1 
AM9:30〜12日PM5:00

出展者:
大場典子
瀬野里美
濱田トモミ
伊 吹 菁 児
寺東 榮爾
一適庸子
倉石 馥
浅野久男
置田貴代美
渡辺信夫
長野良一
林敏弘
佐藤時啓

ピンホール写真芸術学会企画展
エリック レナー&ナンシースペンサー展:ジェフ.チャップリ
ン展

ピンホール写真界の先駆者的存在であるアメリカ在住のエリッ
ク レナー&ナンシースペンサーの作品展示、美瑛町在住で内
外で活動中のジェフ・チャップリン(ピンホール写真芸術学会
会員)による、『ゴム印画法』による作品展示

6/8(水) 〜 6/12(日)
会場:川崎市民ミュージアム ギャラリー2 
AM9:30〜12日PM5:00


関連展示
特別企画展 ある日本の原風景 ピンホール写真で視る世界
「風 曼荼羅」 鈴鹿芳康
「時を旅する日本の風景」 エドワード・レビンソン

会場 GALLERY 21ギャラリー・ヴァンテアン
お台場・ホテルグランパシフィックLe Daiba 3階(港区台
場2-6-1 ゆりかもめ台場駅正面)
会期 2011年5月18日(水)- 6月26日(日)
キュレーション 太田菜穂子(GALLERY 21)
主催 KLEE INC PARIS TOKYO




シンポジュウム
エコライフとスローフォト
〜身近な自然をアートの目で見直す生活〜
6/12(日) 川崎市民ミュージアム ミニホール 13:00-15:30

司会/進行 浅野久男(写真家.ピンホール写真芸術学会副会長)

パネリスト

鶴田静(エッセイスト.翻訳家.菜食文化研究家)
エドワード.レビンソン(写真家.ピンホール写真芸術学会会員)
原田憲一(京都造形芸術大学教授.地球環境学.ピンホール写真芸術学会会員)
渡辺信夫(写真家.ピンホール写真芸術学会副会長)



未曾有の大災害である3.11東日本大震災、自然の脅威を目の当たりにした私たちが、これからどう生きていくべきなのかを地質学、地球環境学者である原田憲一氏、自然とともに生きる暮らしを実践されているエッセイストの鶴田静氏とピンホール写真家エドワード.レビンソン夫妻のエコライフ/スローフォトの生活、東京からから北海道/写真の町東川町に移住された渡辺信夫氏の生活を通して皆さんとこれからの生活と環境を考えてみたいと思います。



会場:川崎市市民ミュージアム

〒211-0052
神奈川県川崎市中原区等々力1-2

展覧会、ピンホール・フォト フェスティバル 2010 in 川崎についてのお問い合わせ

担当:伊吹
ibuki702(a)ybb.ne.jp (a)を@に替えて送信してください。



http://ppas.jp/article-74.php